ラステリ手術後CCU生活③後半戦 ペースメーカー卒業か?!

いよいよCCU生活も卒業が見えてきたのは、術後7日目。

もう、一生ペースメーカーかと諦めかけていた房室ブロックでしたが、突如「脈が繋がった」と医師から告げられたのです(。>﹏<。)

スポンサーリンク

術後7日目(火曜日)

いつものように、9時の面会に。
パパ、今日から仕事なので、私一人での面会。

相変わらず、無表情な息子。
体を起こし、大好きなアンパンマンの音楽を聞かせて、ほっぺをむにむに。
でも、無表情・・・。

このまま、ずっと笑ってくれなかったらどうしよう?

そんな私の心配をよそに、若い看護師さんを目で追いかける、生後10ヶ月の息子Σ(´∀`;)

私とは、目も合わないのに(TдT)
男の子って、こんなもん?

点滴を見てみると、ヘパリンの点滴はついていなくて、プレセデックスだけ。量も減ってる。少しずつ、元気になっているんだよね?

ペースメーカーは、昨日まで脈の数が「120」だったのに、今日は「90」。なぜか、心房からの信号を受け取ってますよ!ってところの表示もなくなっているし。省エネモードみたいのがあるのかな?

と思っていたら、女医さん登場!
(よく見かけるけど、担当じゃないのでほとんど話したことになかった先生)
今朝になったら、急に脈が繋がったみたいで、今モニターに表示されているのは、本人の脈です。」
私 (✽ ゚д゚ ✽)・・・
 「すごーい!」

先生の話によると、一度脈が戻っても、寝ているときとかまた不整脈が出てしまう子もいるのだそう。なので、しばらく補助的にペースメーカーをつけておくらしい。

思えば、房室ブロックを宣告され1週間。
順調に点滴が減ってきているものの、ペースメーカーがなかなか取れず、もうこのまま完全房室ブロックとなってしまうのか・・・
前半戦では、毎日先生に「まだペースメーカーとれませんか?」と聞いていたのですが、この頃にはもうそれを聞くこともなくなり、ペースメーカー埋め込んだら、ピップエレキバンとか控えたほうがいいのか聞いておかなきゃな〜とぼんやり考え始めた頃。

CCUを出て、パパにLine!
このまま、ペースメーカーなしで帰れますようにヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 午後の面会では、「いないいないばぁ」をすると、にや〜と笑顔が! うわ〜かわいい(≧▽≦)♡ 離乳食も、中期作戦が功を奏し、完食! 自由になった右手で、おもちゃをブンブン振り回したり、本のページをめくったり。 ちょっとずつ、元気になってきてる(*´∀`) ちなみに楽しみにしていたファシリティドッグのヨギちゃんですが、来ませんでした
この日はCCUも忙しそうだったので、ワンちゃんも入ってこれなかったのかも。

8日目(水曜日)

朝、KENさんのベッドへ行こうとしたら、い・・・いない(;´Д`)まさか、病棟へ?と思ったら、CCU内で移動になったとのこと。

ニコニコご機嫌で、にや〜と笑ったあとに「デヘヘ」と不気味な笑いをする息子。
5時半に起きて、看護師さんに順番に遊んでもらっていたとか。すみません・・・。

離乳食、完食!
でもミルクはあまり飲まず(-_-;)

午後もご機嫌で遊び、女性の看護師さんに愛想を振りまく。
男性看護師さんが近づくと泣く。
お医者さんでも泣く。
でも、女性看護師さんが来てくれると、ニコニコ(*´∀`)

いつの間に、こんな子になってしまったんだ〜?

そして、私がちょっと離れようとすると泣く。
ここ1ヶ月ぐらい、後追いは減ってきていたのに、激しくなってる(~_~;)
特に面会終了時刻が近づくと、ぎゃーぎゃー始まって。
置いてかれちゃうって、わかるんだね。寂しい思いさせて、ごめんね(*>_<*)

9日目

朝の面会。
鎮痛剤の点滴は終わり、点滴は残り1本!
ペースメーカーは、念のため、まだついているけれども(バックアップらしいです)。

昨日はダメだった男性看護師さんにもニコニコ★

でも、主治医の先生にはぎゃー(TдT)命の恩人なのに〜

女医さんや、最初の主治医の小野先生には、ちょっと笑顔を見せるようになったKEN。

慣れてきたところですが、

看護師さんより
「今日の午後、西3病棟に移る予定です。」って!

長かったCCU生活。
入院前は1週間かからないと思っていて
手術後(房室ブロックを宣言されてから)は、1ヶ月ぐらいいるんじゃないかと思っていて

結局10日間いました〜!

看護師さんや先生たちにいっぱい声をかけてもらって、息子はとっても楽しく過ごせたみたいです♡

ちなみにCCU生活中、仮泊室や自宅でちょこちょこ手縫いで作っていたかぼちゃパンツ。

もうすぐ完成。

スポンサーリンク

フォローする