googleトップが電車の時刻表?

今日、googleホームを開いたら、こんな画面に。
googletop時刻表 一瞬バグかと思ったのですが、画面から離れてみると、「GOOGLE」と書いてあるんですね!
(→Doodle

スポンサーリンク

なぜ時刻表?

今日が「時刻表記念日」だからだそうです。日本で初めての時刻表は、1984年(明治27年)10月5日に庚寅新誌社(こういんしんししゃ)が発行した『汽車汽船旅行案内』だとか。つまり今から121年前に「日本初の時刻表」が発行された日なんですね。

当時は、時刻の表し方は太陰暦で、「辰3つ」など、干支と数字を組み合わせて合わせていたんですが、これだと日の出や日の入りによって微妙にずれてしまうんですよね。しかし、電車の運行がずれてしまっては困る!ということで、福沢諭吉が西洋の時刻の表し方(太陽暦)をもとに編集したといわれています。

駅名が面白い

一体どこに向かう電車なのでしょう?
主な駅は「足柄山~竜宮城~月の都」(終点は、隠れ里or月の海)らしいですね。
時刻表google駅名 詳しく見てみると
足柄山(静岡と神奈川の間の山、金太郎の故郷?)
しょうじょう寺(童謡「証城寺の狸囃子」
かっぱ石(長崎県にある霊石
稲穂県(「ズッコケ3人組」の舞台?)
かちかち山(民話)
ある山里(徒然草の一節「ある山里に…」、昔話の始まり)
鬼ヶ島(「桃太郎」「一寸法師」今の伊豆諸島のあたり?
竜宮城(「浦島太郎」
丹後の国(北京都、天橋立、伊勢神宮が昔あったところ
大江山(丹後にある険しい山、鬼伝説がある
八郎潟(青森県の湖。人から龍へと姿を変えられた八郎太郎の住処。
イーハトーブ(宮沢賢治の言葉で「理想郷」
月の都(かぐや姫
隠れ里(昔話などに出てくる人里離れた里
月の海(月の黒く見える部分

ですね。昔話に出てくる地名や宮沢賢治のお話をめぐりながら、月の都へ行くようです。
「稲穂県」とか調べてみたんですが、よくわからないものもありました。間違っていたらごめんなさい。

※参考にさせていただいたサイト様へリンクをつけました。コメントをもとに一部加筆しました。(2015年10月5日20:50)


うさぎとかめ

列車名もおもしろいです。
時刻表googlegoam 特急「ぶんぶく2号」
 1時間半で「月の都駅」まで行くようです。
特急「ぶんぶく82号」
 鬼ヶ島、竜宮城で停まります。今日だけは鬼が島の後、各駅停車になるようですね。

特急「こぶとり86号」
特急「ころりん8号」
両方とも11:17に足柄山を出て、12:38分に月の都についています。違いは、終着が
「こぶとり86号」は14:59「隠れ里」
「ころりん8号」 は13:19「月の海」
になっているところでしょうか。時刻表詳しくないんでよくわからないんですけど、これは、同時に電車が出るのか?月の都に着いた後車両が分かれるのか?

時刻表googlepm1 特急「こぶとり90号」
特急「ころりん10号」
これも特急「こぶとり86号」・特急「ころりん8号」と同じようになっていますね。

特急「ここほれ12号」
特急「ここほれ84号」
これは特急「ぶんぶく2号」・特急「ぶんぶく82号」と同じパターンです。Gですからね。

時刻表googlepm2 Lは
特急「おんがえし8号」
特急「おんがえし22号」
「イーハトーブ」→「月の都」13分の旅です。
その後「隠れ里」にいきます。きっちり一時間違いの列車です。

Eは
区快「かめ6号」
区快「かめ12号」
各駅停車とは違うのでしょうか?

快速「うさぎ14号」
快速「うさぎ16号」
鬼ヶ島・竜宮城に停車します。
「うさぎ14号」は、鬼ヶ島に19:58着のあと竜宮城に着くのが19:03と23時間かかっています!うさぎさん寝過ぎ!!

快速「うさぎ18号」
かめはうさぎより早く出て、うさぎより早く着くんですね。「かめ12号」は「うさぎ14号」に負けているようにも見えますが、鬼ヶ島で寝ちゃって、着くのが明日になってますからね(笑)

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. すずきれいじ より:

    わたしのPCは古くて不鮮明で読めず、ストレスでした。
    スッキリしました、ありがとうございます!
    お礼に葛篭(つづら)を差し上げたいのですが、
    大きいのはもちろん小さいのも規格外で送れないそうです。
    代わりに駅名の追加情報を。

    「ある山里」は昔話の定番の「むかしむかし、ある山里に~」でしょうね。
    「鬼ヶ島」は桃太郎も行きましたね。
    「丹後の国」は羽衣天女の舞台でもありますが、浦島太郎のふるさとですね。
    「八郎潟」は「三湖伝説」があり、「八郎」という児童文学になっています。

    • upa*mi より:

      粋なコメントありがとうございます。「八郎潟」と読むんですね。私も、字が見難くて苦労したのですが、DoodleというGoogleトップに表示される画像を集めたサイトへ行ったら、見やすい画像がありました。でも「八郎潟」はどうしても読めず・・・文学も詳しくないもので、お恥ずかしい限りです。ありがとうございました!