KENが生まれた日③ 貧血ってひどくなると・・・

癒着胎盤で大量出血。

その後、じわじわとひどくなっていく貧血。

貧血ってひどくなると、ご飯、食べられないんだね。って話。

KENがこども病院へ運ばれ、パパが走り回っている間、私はと言うと、病室で倒れていました。

スポンサーリンク

重度の貧血

産後、5時間分娩室で休んだ後、看護師さんに「大丈夫?」と心配されながら、病室へ。

フラフラはするけれども、この時はまだ、それほどひどくなくて、看護師さん心配しすぎだよ〜と思っていました。

個室の冷蔵庫に入っていたr-1を飲み、しばらく寝て夕食。

ところが!食べた瞬間、嫌な予感。

でも、貧血だから食べなきゃ、と思って食べ進めると、うぅ気持ち悪い(;一_一)で嘔吐。

幸い、部屋にトイレがあったから良かったのですが。

その後、水を飲むだけでも嘔吐

もう、吐くものもないのに、気持ち悪くて、ナースコールを押すも、喋るスキもなく吐き気がくるものだから、何も伝えられず。察した看護師さんが慌ててやってきて背中をさすってくれる。

こんなのが1日中。
終いには、掃除のおばさんまで、背中をさすりに来てくれる(@@;)

夜になっても、食べられない、飲めない、嘔吐が続き、夜勤の看護師さんが「気持ちの落ち着く注射だよ」(ナニソレ、怖い)と何か注射してくれ、やっと寝られる・・・。

KENの病気は

ところで、夜、面会時間終了前にパパが来て、KENの病気について説明してくれました。

が、この時は、自分もフラフラだったし、心臓の構造がどうなっているのか、という基本的な知識もなかったので、一生懸命説明してくれているパパの話も理解できず。

確か、「4つ、病気があった」

「心臓から肺へ行く血管がなくて、でもラッキーなことに穴が空いていたから、良かった」「あとの2つは、忘れた」って感じだったような・・・

で、後で母にその話をしたら、「4つ特徴がある心疾患って、ファロー四徴症?」って言われたのですが、私は、いや、ハリー・ポッターの話じゃないんだけど?(←それはフェニックス)と、わけのわからないことを考えていました。

スポンサーリンク

フォローする