妊娠4ヶ月中続いた辛い咳の風邪、試した薬・民間療法的対処法

妊娠4ヶ月(13週)のある朝、のどの調子がおかしいな~と思っていたら、咳がゴホゴホ。


そういえば、おとといから加湿器つけてなかったな・・・・
(カビてたから洗おうと思っていた。)

296293
思えば、12週に入ったころから、突然つわりが始まり、ご飯食べられない&食べても戻す日々が続いていたのです。

体力落ちていたんだな・・・

というか、あの不快感は風邪の初期症状だったのか??





でもこの時は、

ちょっと喉の調子が悪いだけ。

暖かい物を飲んで寝ていればすぐに治る。

と思っていたのです。



それがまさか1ヶ月もこの咳に悩まされることになろうとは・・・

スポンサーリンク

いつもの内科で、診察を断られる

この症状には心当たりがありました。

それまでも、年2~3回、この咳の風邪に悩まされていたのです。

259799
ですから私はまず、いつもの内科に行きました。
(かかりつけの産婦人科は家からはちょっと遠いのです。)



しかし、「妊婦には薬は出せません。」と門前払い。

「どこの内科へ行っても同じです。」と・・・

知らなかった(@_@。

産婦人科へ

産婦人科へ行ったのはいいのですが、玄関には

「次の症状のある方は、面会用玄関へ」とあり、

私は咳があったので、指示に従って面会用玄関へ。


104743
寒い中、なかなか中へ入れてもらえず、インターホンでの会話。

要件を話して、看護士さんが来るのを待って、中に入りました。




受付を済ませると、看護士さんの案内で、待合室から離れた廊下の奥の衝立の後ろの椅子へ。

これは・・・「隔離?!」

まぁ、インフルエンザだったら大変だもんね。



そして、診察の時間になり、お医者さんに症状を話すと、

赤ちゃんに影響の少ない吸引の薬を出されました。





これ、「レルベア」っていう喘息の薬なんですが、全然効かない!!

そもそも、私喘息じゃないからね!!!

レルベア
吸った感じは、あま~い空気が口の中に広がって、しばらく吐き出さないように我慢してから、ゆっくり吐き出します。

吸うときはいいんだけど、息を我慢していると、甘くて粉っぽい感じがして、ゲホゲホ。でも、咳をしないように我慢。

何かの修行のような感じでした。


吸い終わったら、うがいを念入りにします。

しっかりやらないと口の中にカビが発生するそうです。怖っ!!

民間療法的な対処法

薬には頼れない状態だったので、民間療法的なもので治そうと、いろいろチャレンジしました。

結果、治りませんでしたが、少しは楽になったかな?って感じです。

ホットはちみつ

「はちみつ大根」が喉にいいっていうのはよく聞きますが、風邪期間中スーパーに行っても、大根買うの忘れちゃうんですよね。

まぁ、買って来たとしても、調理する気力がなかったかな。

はちみつ大根の保存期間は3日くらいだそうです。3日おきに作るなんて無理~!!



なので、コップ4分の1くらいはちみつを入れて、お湯を入れて、ホットはちみつドリンクにして飲んでいました。

濃いはちみつを飲むと、喉の以外がにへばりついて、熱くなります。効く~って感じ。

声が出ないほどしんどい時にも、これを飲むと声が出るようになるのでびっくりです。

ヨーグルト

免疫力には、腸内細菌が関係しているという話を聞いたことがあったので、ヨーグルトは積極的に食べたり飲んだりしました。

よく飲んでいたのは、「ラブレ」。
1日分の鉄分が入っているので、貧血の予防に前から飲んでいたものです。

これ、正しくはヨーグルトじゃないのかな??





その後、飲み始めたのは、「R-1」。
インフルエンザや花粉症の予防にも効果があると言われています。

ヨーグルトタイプもあるので、食欲のないときには、ヨーグルトを食べていました。

ヨーグルトは、カルシウムやアミノ酸(たんぱく質)が豊富なのもいいですね❀





金額的には、
ラブレ→3本170円くらい
R-1→1本130円くらい


R-1、高いです・・・

生姜湯

薬が飲めないと、もう、体を温かくして寝ているしかないんですよね。

で、体を内側から温めるのに、よく飲んだのがこれ。

生姜湯

生姜湯は、粉末状のものや液体タイプのものもあって、どれもおいしかったです♪

お気に入りは、「生姜&ゆず」。




でも、あんなに飲みたかった生姜湯も、風邪が治ってくると飲みたくなくなるのが不思議です。

体がほしがっていたのかな?

のどあめ

とにかく咳がひどかったので、のどあめは必須でした。

のどがひりひりするときでも、あめを舐めていると、一時的に痛みが治まっていました。

のどぬーるぬれマスク

夜はこれをして寝ていました。

マスク3つで、400円くらいなので、けっこうお高いのですが、夜中の喉の乾燥具合が全然違います!





寝るときにマスクなんて息苦しい・・・と以前は思っていたのに、

風邪ひいて辛い時って、マスクしていても息苦しく感じませんでした。




ゴムの部分が改良されていて、長時間つけていても耳が痛くならないようになっています。



「就寝用」とありますが、昼間でもつけられるので、職場にも着けて行っていました。

まとめ

こんな感じでよくなったり、悪くなったりを繰り返し、気がつくと1ヶ月経っていました・・・


症状として、熱が出たのは初めの1日だけで、これは解熱剤を飲まなくても寝ているだけですぐに下がりました。

とにかく、咳がひどく、痰が絡むので、明け方は特に苦しかったです。



咳は、赤ちゃんへの影響は少ないと言われていますが、結構体力を使ってしまうし、できれば少しでも楽になりたいですよね。

スポンサーリンク

フォローする