検索結果がぐちゃぐちゃに?!Google検索おもしろ小技

Yahoo!で「ががばば」と入力すると、大変なことが起きるというのが最近話題になりましたが、Googleでも面白い検索方法があるので紹介します。

うぱねこ

スポンサーリンク

検索結果が動く!崩れる!知られざる検索画面とは?

Googleの検索画面というと、Googleのロゴが表示されていますよね。ときどきそのロゴがアニメーションやゲームになっているなど、Googleの遊び心が垣間見えることもあります。

しかし、実はそれ以外にも面白い検索画面があるのです。

傾く・回る

これらは、検索窓に言葉を入れるだけでおこる現象です。

「斜め」

斜め

何も起こっていないように見えますが、検索結果が微妙に傾いています。

「一回転」

一回転

検索ボタンを押した直後、画面が一回転します。

ポイントは、「一」と漢数字で入力するところです。数字の「1」だと何も起りません。

「elgoog」と検索します。

検索結果の一番上「Google Mirror – I’m elgooG」をクリックすると・・・

鏡

文字が反転!しているところとしていないところがあります・・・

検索窓に文字を入力すると、こちらも反転。そのまま検索ボタンを押すと・・・

鏡2

検索結果も反転!!

ちなみに、「elgooG」の下に表示されている「Pac-man」などの丸いマークを押すと、ミニゲームに飛びます。

こちらは、「UnderWater
魚

マウスでクリックすると潮の流れが発生するようです。ぐいーっとドラッグすると、波が立ったり、サメの動きが速くなったりします。

ブロック崩し

「atari breakout」と検索し、検索結果の一番上に出てくる「atari breakout – Google Search – g.co」をクリックすると、Google画像にジャンプ。

なんだ?バグか??と思っていると、画像がどんどん小さくなっていって、ブロック崩しゲームが始まります。

ブロック崩し

命は始め5つあり、すべて使い果たすと終了です。1ステージクリアすると、1つ命が増えます。

落ちてくる

「Google gravity」と検索し、検索結果の一番上に出てくる「Google Gravity – Mr.doob」をクリックすると、Googleのロゴやバーが一斉に落ちてきます。

崩壊

落ちてきたロゴやバーは、ドラッグで動かすことができます。積み上げたり、落ち葉のように下からすくいあげたりすると、ロゴやバーがばらばらと動きます。

無重力

「Google Space」と検索し、検索結果一番上の「Google Space – Mr.doob」をクリックすると、Googleのロゴやバーが、ふわふわと動きだします。

宇宙

「Google gravity」と似ていますが、こちらの方が動きがゆっくりで楽しめますよ。

宙に浮いている検索窓に、言葉を入れると、ウェブの検索結果と画像の検索結果の主なものが、うようよ動き出します。

宇宙+鏡
↑は、「Google Space」の後、「elgoog」を検索しています。「Google」と「Elgoog」があって、こんがらがってきますね。

↓「ウーパールーパー」検索後、「猫」を検索
ウーパールーパーと猫

スポンサーリンク

フォローする