分娩費が安いと噂の静岡県立総合病院の実際(健診〜出産まで)

2人目は、静岡県立総合病院で出産しました。

色々な口コミを見ると、この地域では分娩費が最も安いとのことだったのですが、出産は命がけ。安ければ、いいってもんじゃない!安いだけで大丈夫なの?

って思っていたのですが、産んでみたら、結構良かった!分娩費も長男のときより安く済み、土曜日の出産でしたが、5万円近く帰ってきそうです(*´∀`)

スポンサーリンク

健診

34週までに転院すればいいので、待合室はお腹の大きい妊婦さんが多いです。(それなのに付添の男性がどうどうと椅子に座っていて、妊婦さん座れず。え?ってなることも)

初回と採血のあるときは、結構待ちますが、通常は予約の時間に行けばすぐに診てもらえます。会計まで含めると、2時間程度です。

健診は、毎回同じ先生。他の曜日はよくわかりませんが、月曜日と木曜日にいる女性の先生が、気さくでとっても話しやすかったです。

エコーは2Dのみ。前の病院は4Dだったので、ちょっと寂しいですが。毎回、エコーの写真をくれます。←毎回、お顔の骸骨の写真でしたが。

毎回、健診のあと、助産師さんと話ができるのですが、早口でがーっと話されるので、理解力が追いつかず、何言ってるかわからないことも(;´Д`)

月1(第1木曜日)で行われる無料のマタニティエクセサイズは、私は臨月のときに参加したのですが、激しくてびっくりでしたΣ(´∀`;)
妊娠5ヶ月ぐらいから、毎月参加している人もいるみたいです。

駐車場代は、健診のときは100円です。

出産〜入院

母親学級に参加しなくても立ち会い出産ができます
産後も、助産師さんと話をする機会が多くあり、母乳育児へ向けた指導は、とても丁寧です。

LDR立ち会い出産

陣痛室と分娩室が一体となったLDRと呼ばれる部屋が、2部屋あります。私は、一人目のとき陣痛室で破水し、その後、本陣痛の合間を縫って分娩室へ移動するのが大変だったので、LDRがあるのも産院選びの決め手になっていました。

LDRは、子ども以外の家族なら誰でも入ることができます。但し、立ち会い出産はパパのみです。

こちら、実際のLDR。

冷蔵庫、テレビあり(別料金、後述)
ソファや、陣痛のときに座る椅子。
トイレ、流し、赤ちゃんのコットなどがあります。
ベッドは、いざ出産!のときには、足の部分が動いて、分娩台に早変わり!

今回は、本陣痛の時間が長くて、痛くて、辛かったので、LDRのある病院にして、本当に良かったです。

本陣痛になってからは、ずっと助産師さんがついていてくれて(ちょっと助産師さんが席を外しただけで、私がナースコールを押しまくったからですが)、心強かったです。

いよいよ出産♡というときなると、先生や看護師さんがズラズラと現れ、10人近い人たちに見守られながらの出産でした。

病院で用意してくれるもの

お産パッド、お産用のショーツ、ティッシュ、スキナクレンなど。

自分で準備するものは、健診のときに助産師さんから教えてもらえます。

足りないものは、下の売店(ローソン)に行けばたいていあります。

個人的には・・・
会陰切開したところを拭くのに、スキナクレンが用意されていたのですが、ここのトイレットペーパーかたいので、拭くたび痛い(;´Д`)キュアコットンあるといいです。
退院後、キュアコットンで拭くようにしたら、3日で会陰の痛み、おさまりました。

あと、トイレには物を置く台がないです。物を掛けるところ?はあるので、スキナクレンやナプキン等を持ち歩くのに、小さい手提げを準備しておくといいです。

食事

病院食だから、と期待していなければそこそこの味です。

うん。思ったより、いいかな?くらい。

下に24時間やっている売店(ローソン)があるので、面会の人にデザートを買ってきてもらったり、調子が良ければ運動がてら自分で買いに行くこともできます。

そして、全く期待していなかったのでびっくりしたのですが

お祝い膳が出ました!嬉しい(*´∀`)
産後○日目に出るというわけではなく、産後入院中に1回出るって感じです。

味は・・・でしたが。

母子同室

希望すれば、母子同室ができます。
病室は個室(+5000円)と4人部屋が選べるのですが、4人部屋の場合、母子同室の人は母子同室の人と、母子別室の人は母子別室の人と同じ部屋になります。

4人部屋でも、常にカーテンで仕切られているので、ほぼ個室状態です。

部屋には冷蔵庫、テレビがあり、テレビカードを入れると使えます。

テレビカードは1000円。冷蔵庫は24時間100円。テレビは、だいたい1分1円です。イヤホンは100円。両方とも産科病棟を出たところの自販機で売っています。

母子同室の場合、出産の次の日の朝、小児科の先生のOKが出てから、赤ちゃんがコットに乗ってお部屋に来ます。(部屋が超狭くなります)

基本、おむつ替えや授乳などのお世話は病室でします。私は、部屋で泣かれるのが嫌だったので、泣きそう!って思ったら、赤ちゃんをコットに入れて授乳室まで行き、授乳室でおむつ替えや授乳をしていました。
朝ごはんの時間(小児科の先生の診察があるため)とシャワーの時間は預かってもらえます。
トイレは、広いトイレなので、赤ちゃんをコットに入れたまま連れていきます。←私は、トイレで泣かれるのが嫌だったので、授乳のタイミングで、授乳室に預けてから、トイレに行っていました。

その他、今日はゆっくり寝たいなって時とか、ご飯ゆっくり食べたいなってときとか、ナースステーションに声をかければすぐ預かってもらえます。

なので、母子同室と言っても、24時間ずっと一緒ってわけではなく、実際一緒にいるのは半日程度だったり。

母子同室じゃない場合は、3時間ごとの授乳時間に授乳室に行くだけですが、母子同室だと授乳時間以外も赤ちゃんがグズグズするので大変

でも、赤ちゃんがいる生活のイメージが掴みやすくなるし、寝ているところや笑っているところなど、いろいろな表情を見ることができるので、おすすめです♪

授乳指導

初めて赤ちゃんがおっぱいを吸うのは、分娩台の上。私の場合、産後2時間ぐらいでした。まだ母乳出ないけど(;・∀・)

出産した当日の夜とか、次の日の朝とかからから、授乳室で授乳指導が始まります。

おむつを替えて、体重を測って、授乳して、体重を測るという一連のことをやるのですが、はじめの数日は母乳が出ないので、体重増加も0が続き。まだ出ないってわかっているのに、凹みます(´-﹏-`;)

やっと少し出るようになっても、1グラムも増えない。でも、少し出るようになったことを伝えると、助産師さんがシリンジを持ってやってきて、1滴も逃すものかと搾乳。

足りない分はミルクを足すのですが、これも最小限。うちの子もっと飲めます!ってアピールしても、次の授乳でちゃんと飲めるように、ってなかなかいっぱいくれません。

搾乳も、もっと搾ればもっと出るよ!と思うのですが、最小限しかしてくれないので、胸の張りの激痛は良くならず。
ところがです!長男のときは、張りの痛みがなくなるまでガンガン搾乳したら、その後張り返しがひどくなり、どんどん搾乳して、どんどん張って、のエンドレスで3週間まともに眠れない日々が続いたのですが、今回は搾乳しすぎない作戦が功を奏したのか、二人目だからなのか、退院する頃には胸の張りの激痛はなくなり、寝返りもできるように✾助産師さん、すごいです(ノ´∀`*)

母乳が出るようになってくると、母子同室の人は、自室で授乳するのもOKになります。

母子別室の人は、3時間ごとに叩き起こされます。←授乳時間前に赤ちゃんが泣き出すと、呼ばれることも。

県総の授乳指導は合宿のよう、と言われますが、とにかく、母乳育児が軌道に乗るまでは、助産師さんのスパルタに付き合うことになります(笑)

面会

面会時間は13時〜20時。母子同室の場合は、お部屋に赤ちゃんがいるので、面会の人も赤ちゃんを抱っこすることができます。

母子別室の場合は、14時〜16時、17時〜19時に、ナースステーション横のベビールームのカーテンが開き、窓越しで面会できます。

子どもがいる場合、直接赤ちゃんとの面会ができないので、上の子が来る時間は赤ちゃんをナースステーションに預けて、窓越し面会をしていました。

ちなみに出産当日は、LDRから病室に移る際、赤ちゃんをナースステーションに預けなくてはならないので、当日直接面会したい場合はLDRにいる間(産後5時間ぐらいまで)がチャンスです。

まとめ

以上、思いつくままに書いちゃいましたが。

これから出産する方の参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

スポンサーリンク

フォローする