Simplicityの子テーマを有効化したらデザインが崩れた!WordPress初心者の陥る罠

WordPress始めて4日目です。

テンプレートは「Simplicity」を使っているのですが、そろそろカスタマイズを始めようと思い、子テーマにh2タグを吹き出しにする内容を書き込み、子テーマの「有効化」をぽちっと押したところ、デザインがガタガタに崩れました・・・。あまりの見苦しさに、画像は自主規制させてもらいますが、まあ具体的に言うとAdsence広告があっちゃこっちゃに移動してしまったんですね。

あわてて、子テーマのCSSに書き込んだ内容を全部消して、保存してみたのですが、h2タグが元に戻っただけで、デザインはガタガタのままです。ということは、書きこんだ内容が問題・・・というわけではなさそうですね。

スポンサーリンク

ブラウザキャッシュの問題?

Simplicity制作者のわいひらさんのブログを見てみると
「ブラウザキャッシュが残っている」の文字が。
Simplicityブラウザキャッシュ
ブラウザキャッシュと言うのは、一度訪問したページはパソコンに保存され、次回訪問時にはその情報を呼び出すことで、ページの表示速度を速める機能らしいのですが、ブログカスタマイズ時にこれが働いて、一部以前の情報が呼び出されてしまうと、デザインが崩れる原因になるようです。

対処法として、「再読み込み」をするといいとあったので、「更新」ボタンを押してみると・・・

upacoto
かわってないじゃん!!しかし、よく見るとサイドバーが、3日前の状態に戻っています。

「物持ち良すぎだろう(笑)」と一瞬思ったのですが、よく考えてみたら「子テーマ」有効化する前は、ちゃんと人気記事のところにサムネイルが表示されていたはず。そもそも「人気記事トップ10」はStinger3時代に使っていたものだし。

ということは・・・

親テーマだけ変えても、子テーマに反映されていない(一部)

実は、初日だけ「Stinger3」を使っていたんですよね。で、いろいろなブログを見ると「Simplicity」のデザインの方がいいなぁと思って、次の日から「Simplicity」にしたのですが、その時に「Simplicity」の親テーマインストールの直後に子テーマをインストールしてしまったのです。
simplicity子テーマ

確か、その時も設定に手こずって、

インストール時に「子テーマ」を有効化した。

「子テーマ」を有効にしたまま、背景や文字の色を設定

「親テーマ」を有効にしたら、設定した背景や文字の色が戻った

「親テーマ」で背景や文字の色を再設定
ウィジットも設定(WordPress Popular Postsを使うとサムネイルが消えるので、Simplicityのウィジット「人気記事/新着記事」にした)

ってことをやって、まだWordPressに慣れていないもので、丸1日かかり、かなりめんどくさかったのですが、
カスタマイズに伴って、今回「子テーマ」を有効にしたところ、「親テーマ」よりも「子テーマ」の方が優先されて、せっかく設定したウィジットが元に戻っていたのですね。

upacoto.atarashiikiji
原因がわかったので、「親テーマ」でやったウィジットの設定と同じ設定を「子テーマ」でもやったら、デザインが落ち着きました。
ウィジットも無事戻りましたよ。

「Simplicity」初心者は「親テーマ」と「子テーマ」の違いに注意!

使い慣れている方なら、こんな初歩的なミスはないのかもしれませんが。WordPress初心者には、難しい概念ですよね。
「Simplicity」は、「親テーマ」のアップロードが頻繁にあるので、アップロードで消されないように、カスタマイズしたいところは「子テーマ」に書き込んでいくというスタイルなのですが、初心者はどっちで何の設定をしたらいいのか、正直戸惑います。

「Simplicity」のサイトでは、「子テーマ」での編集を推奨しているのですが、私が途中まで「親テーマ」で編集してしまったのは、CSSとか難しいところだけ、子テーマでやると思っていたからなんです。

今回私がやってみて思ったことは、
とにかく「子テーマ」で編集すべし!
ってこと。「外観」で背景や文字の色を変えるのも、ウィジットを編集するのも、「子テーマ」でやっておけば、あとあと二度手間にならずに済みます。

「親テーマ」で編集した内容がすべて「子テーマ」に反映されるわけではないので、これからやる方は、「親テーマ」と「子テーマ」を両方インストールした後、「子テーマ」を有効化して、深く考えずにとにかく始めから「子テーマ」で編集をしていった方が良さそうです。

スポンサーリンク

フォローする