ダブルガーゼで作る赤ちゃん用ベースボールキャップ(リーバーシブル野球帽)

なんか、うちの子頭小さくて、市販の帽子じゃ大きいな~と思って作った野球帽。


パパの野球の応援に。
甲子園やWBC鑑賞のお供に。

ユニフォーム風カバーオールとか、赤ちゃん用ユニフォームと合わせても、可愛いです♡
おんなじ柄で、スタイを作るのも楽しい!(スタイは、三角バンダナスタイがオススメですよ。)

洋服や気分に合わせて、柄を変えられるリバーシブルです!

所要時間は、子どもが寝た後にちょこちょこ作って、3日ぐらいです(>_<)

材料費自体は、1000円かからないです。
市販の赤ちゃん用帽子は2000~3000くらいするので、手間を惜しまないなら、作ってみるのもいいと思います☆

私のように、裁縫に慣れていない人でも、なんとか作れましたよ(*^▽^*)

スポンサーリンク

材料

ダブルガーゼ50cm×50cm 3枚
接着芯50cm×100cm 1枚

布に合わせた色の糸や、しつけ糸も用意しておきましょう!

作り方

布をカットします。

1枚1枚チャコペンで線を描きながら・・・ってやっていくと、時間がかかるので、まとめて切った接着芯を張っています。

接着芯を張ることで、皺になりにくく、見た目がきれいになるので、一石二鳥ですよ♪

型紙を用意

型紙を用意します。

息子の頭囲は、4ヶ月健診の時「38cm」だったので、半径7cm→頭周り42cmで設計しました。
赤ちゃんは、まゆから上が長いので、ちょっと深めに作っておくといいですよ。

(ちなみに、10か月ごろには、頭囲が42cmをこえたので、ちょっときゅうくつになってました。)

型紙に合わせて、接着芯をカット

接着芯は、ペラペラしていて切りにくいので、3~4枚まとめてホッチキスで止めてから切ると、楽だし、時短になります。

アイロン型12枚、つば2枚切り取りました。

接着芯をアイロンで張り付け

ダブルガーゼ布の縦横に対して、斜めになるように置きます。


接着芯の表と裏を間違えないようにしましょう。
キラキラしている方が、糊のついた面なので、下(布側)にします。

縫いしろ部分は、1cmとれるようにしておきましょう。


位置が決まったら、アイロンをかけます。
温度は低すぎると、後で縫っているときにペラペラとはがれてきてしまいます。
接着芯の説明書きをよく読んでおきましょう。

カット

縫いしろ部分を1cm残して、カットです♪

ちなみにこちらの布は、デニム風ガーゼ星柄(インディゴ)

デニム風ガーゼドット柄(フロスティブルー、ダックブルー)です。

これで、準備完了です!

縫う

手縫いだと、ふっくらしたやさしい感じ。
ミシン縫いだと、ピシッとした感じになります。

私は今回は、ミシン縫いにしました。(一部手縫いです)
ただ、しつけをしないとどんどんずれていくので、ちまちま仮縫いをしたりして、ちょっとめんどくさいです。
でも、これをさぼると、上手くできないので、まぁ・・・しつけは、「愛」ですね(゜o゜)

2枚ずつ合わせて縫う

2枚組を3セット作ります。
(手縫いの場合は、3枚組を2セットにすると楽です。)

中表に合わせて、しつけをしてから、接着芯と縫いしろの境界部分を縫っていきます。
違う色や柄のものを使うときは、出来上がりをイメージしながら、順序に気を付けて縫いましょう。

2枚組が3セットできたら、今度はこれを組み合わせて縫います。
油断すると、真ん中に穴が開いてきてしまうので、布がずれないように、きっちり縫いましょう。

縫いしろを開く

アイロンを使って、縫いしろを開きます。


この作業、地味にめんどくさいです。

まんなかに穴があいてしまった場合は、同じ柄の布とかでこっそりふさいでおきます(笑)

左(星柄)が、縫いしろを開いたもの。
右(ドット柄)が、まだ縫いしろを開いていないもの。

ドットの方も、アイロンをかけてみました。

縫いしろをステッチ

縫いしろ部分にステッチをかけます。

左(星柄)は、ミシンで縫ったのですが、ちょっと曲がってしまいました。
右(ドット柄)は、手縫いです。

この段階は、手縫いの方がいいのかな。

つばを作る

中表にして、先の部分を縫います。

カーブの所に切れ込みを入れます。

返して、ステッチをかけておきます。

つばを縫いつける

本体部分を、中表に合わせ、つばをはさんで仮縫いをします。
(これも難しい!)

ミシンで縫います。

返し口を残しておきましょう。

返し口から、表に返して

ステッチ

完成!