初めてのベビーグッズづくり☆ 失敗しないダブルガーゼの選び方

赤ちゃんグッズを手作りしよう!という時に、悩むのが布選び。

手芸の本などを見て、「これを作ろう!」と決めて、布を買いに行くならいいのですが、あれも作りたいな、これも作りたいな、布が余ったらこんなものも作ってみたい!なんていう、優柔不断な人の場合、よく陥るのが、

可愛い布、安かったから、いっぱい買ったけど、使いにくい!

ってこと。
せっかくの可愛い布を有効活用するために、布選びのちょっとしたコツをお教えします♡

スポンサーリンク

布選びのコツ

主に、ダブルガーゼ生地について紹介していきます。

プリント:無地=1:1

失敗する人がよく陥るのが、「可愛い布を50cmずつ買ってみたけど、いざ作ろうとしたら柄柄しちゃって組み合わせにくい」っていう悲劇。

無地の布は、柄物の間に挟んでボリュームアップしたり、柄物と組み合わせたり。
余ったら、端っこを縫って、普段使いのガーゼにも◎

無地のガーゼは、以外と使い勝手がいいので、多めに買っておくといいですよ☆

プリント布も、ドットや星など向きを気にせず使える短調柄もあると便利です!

安い≒薄い

スタイを作ってみてわかったのですが、安いプリント生地って「薄い」です。

柄物より、無地の方が高いことがあって、何で?って思いながら買ったのですが、50cm250円くらいのプリントダブルガーゼは、50cm400円くらいの無地ダブルガーゼより、薄いのです。なので、安い(薄い)生地を使う際には、間に何枚か無地ガーゼをはさむことになります。

プリント柄は、期間限定のことも。

後でも紹介しますが、ネット上の生地屋さんでは、季節によって在庫があったりなかったりまちまちな製品があります。主には、

夏→リップル生地(甚平などに使われる生地)

冬→微起毛ガーゼ、抗菌ガーゼなど

その他にも、期間限定で発売されているプリントダブルガーゼも色々あります。
可愛い柄は、迷ったら買っておくといいですよ。

布選び

プリント

とにかくかわいい!けど薄い(・_・;)プリント生地

可愛いのにね・・・次のシーズンに見たら無くなっていた生地。

ココランドの猫柄ダブルガーゼ

微起毛

冬限定。微起毛ガーゼ。

ちなみに、起毛なのは「表」です。

裏は普通のガーゼ。

肌触りはいいのですが、何度も洗っていると、最初の頃のような美しさは失われていきます。(ちょっと毛羽立ってきて、柄がぼや〜とした感じになります。)

抗菌

冬限定。抗菌のダブルガーゼ。

マスクを作るのに、よくつかわれるみたいですね。
私は、食事用のエプロンに使いました。

いかり柄

短調だけど、上品。

難点は、柄が小さく、密集していること。

小さい物を作るならいいのですが、大きいものだとちょっとうっとおしい?

デニム風

無地。ドット。星柄。クジラ柄。うさぎ柄。ストライプなど。種類もさまざま。
生地も、他のプリントガーゼと比べると、ちょっと厚めでしっかりしています。

左から、フロスティブルー、ダックブルー、インディゴです。

他の布とも合わせやすいし、かわいい!

デニム調でシンプルなので、帽子やズボンも作っています♡

スポンサーリンク

フォローする